有限会社 渡辺鋳造所
       
  1.HOME
2.受託加工のご案内
3.新鋳鉄FCVP
4.製品実体強度保証
5.VEによる製品事例
6.主要設備
7.会社概要
8.お問い合わせ
  沿革  
戻る
昭和20年代 目方吹きにて鋳造業に従事(7代 渡辺利八)
明治34年4月   市内の鋳物の町「山形市銅町」にて操業(鉄瓶・鍋・釜類の生産を自工場にて開始)
昭和17年8月   日野重工株式会社(現 日野自動車工業)の協力工場として、機械部品の鋳物の製造を開始
昭和45年6月   球状黒鉛鋳鉄の製造
昭和47年11月   トキコ株式会社相模工場鋳造品認定工場資格取得
昭和49年10月   山形西部工業団地に工場移転操業
昭和51年6月   株式会社日立製作所鋳造品認定工場資格取得
昭和58年1月   株式会社東京計器佐野事業所(現 株式会社トキメック)鋳造品認定工場資格取得
昭和62年11月   山形県中小企業技術改善費補助金交付工場となり、全パーライト系FCV鋳鉄(バミキュラー=芋虫状黒鉛)品の製造技術を開発する
平成元年10月   山形市鋳物町48番地に工業用地を取得
平成2年4月   CV黒鉛鋳鉄の溶湯処理法の改善により、科学技術長官賞を弊社社員が受賞する(大島友治国務大臣科学技術長官)
平成2年8月   株式会社日立製作所殿と全パーライト系FCV鋳鉄品の製造特許を申請、同時に鋳造品の実体強度の保証システムを開発し、製品の省資源・軽量化の提案を鋳物の製品受託業務で実施する
平成4年1月   中華人民共和国 吉林市人民政府 大連市機械進出口公司より三名の鋳造技術研修生を受け入れる
平成4年9月   全パーライト系FCV鋳鉄品の生産を開始、市場に供給を開始する
平成7年4月   山形地区安全衛生協議会のメンバー(12社)となり、労働災害の防止および集団として安全衛生改善事業に積極的に取り組む(H7.4.01 - H10.3.31)
平成7年7月   平成7年度山形県中小企業技術力・開発力向上支援指定事業所となり、特殊電気抵抗片の開発を実施する
平成7年11月   当社ユーザーにて、TQC推進の集大成であるデミング賞実施賞を受賞し、感謝状を受領する
平成9年4月   鋳物産業廃棄物リサイクル研究会(研究会事務局 山形県商工観光労働部工業振興課)メンバー(業界7社関連団体2社 技術センター)となる
平成9年4月   全パーライト系FCV鋳鉄品の製造技術の特許成立
平成10年4月   平成10年度山形県中小企業技術開発力・市場開拓支援事業所となる

戻る
 
         
UP   (c)2002 有限会社渡辺鋳造所