鋳造で射出成形金型が出来る!高付加価値鋳鋼

プリハードン鋼同等の特性を有した、今までにない画期的な鋳造による金型材料「プリハードン鋳鋼」を開発しました。自由度の高い形状を体現することができる鋳造ならではのパフォーマンスを温調対策が必要なプラスチック射出成形金型製作に活用することが可能です。プラスチック射出成形金型における、冷却水管を製品形状に即したらせん形状など曲線を多用した高い自由度の形状で内蔵することができます。温調に最適な配置を施した後に、その水管を「プリハードン鋳鋼」で鋳ぐるむことができるので、通常の金型材を機械加工により直線的に配管する限定的な方法の常識を大きく覆すことができます。成形で課題となる温調対策を高次元のパフォーマンスで解決します。高い精度の射出成形品をハイサイクル化による効率向上と品質安定化の両立を図ることが可能です。